読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

NHKプロフェッショナルを見て、遠藤保仁が大好きになりました!

サッカー

f:id:eitaro0501:20140207143607j:plain

2014年1月27日放送のNHK『プロフェッショナル』サッカー日本代表・遠藤保仁(ガンバ大阪)の回を見ました。

サッカーにそれほど関心がない人は、本田・香川・長友といった海外で活躍している選手と比べると、地味な印象があるかもしれません。しかし、非常に素晴らしいプレーヤーであり、人間的魅力を持っている選手です。

元々、遠藤選手は好きだったのですが、この番組を見て、大好きになりました。

 

日本代表に欠かせない選手

f:id:eitaro0501:20140206205644j:plain

現在、33歳と代表選手の中では最年長、国際Aマッチ出場数は最多記録を更新中です。元日本代表監督であるイビチャ・オシム氏が、遠藤選手に対する評価を述べていました。

彼はあらゆる面で優れた選手です。サッカーというのものを熟知しています。彼の最大の強みは”知的である”ということなのです。

ピッチ上の問題もすぐに察知し、解決できます。チームメートを助けることもできます。彼はチームのために尽くす選手の典型です。チームを作る場合に欠かせないのが、まさに彼のような選手なのです。

…といった形で賞賛される選手です。ただ、足が速いわけではなく、パワーがあるわけでもないし、派手なプレーもしない。見た目も猫背で、すごい選手に見えないかもしれません。

オシム氏の言う通り、頭を使ってプレーをする。視野が広く、ゲーム全体が見えている。ガンバ大阪の同僚である宇佐美選手が「全てのパスに意味がある」と言っていましたが、パスにメッセージを込めることができるのです。

 

淡々とプレーしていて、一生懸命走っているシーンもあまり見かけません。下手すると、頑張っていないように感じるかもしれませんが、無駄のない動きをしていて、密かにすごいプレーをバンバンしています。

普段は、飄々としていて、いつもマイペース。この性格がプレースタイルにも表れていますが、人間的にも魅力を感じる部分です。

 

ぶれない・動じない

f:id:eitaro0501:20140207143722j:plain

ホテルの部屋で、本を読んでいるとのことで、何の本を読んでいるか、スタッフが質問。遠藤選手が本を見せて「がんばらなくていいんだよ」と答えて、スタッフに笑いが起きていました。

いかにもというか、キャラクターにピッタリで、僕も笑ってしまいました。そして、すぐさま、Amazonでこの本を注文してしまいました。

がんばらなくていいんだよ

なんか、ああいうのが好きなんですよね。ああいう努力だけがすべてでないよ的なところもありますし、人と違うようなことを考える人とかが好きなんですよね。

 

これまた、笑ってしまったのが、車の運転。 速度計を見ると40kmをきるくらいのスピードで走っている…。

みんなに抜かれていきますけどね。全然気にしないですね。

嫁さんに「急いでよ」って言われるときはありますよ。そのときは急ぎますけどね。でもなんだかんだいって追いつくんですよね。信号の待ちで追いついたりとかって結構多いんで。

ぶれないというか、動じないところがすごく良いですね。

 

表面はクールだが、ハートは熱い

f:id:eitaro0501:20140206205828j:plain

下記、ケガをしたときに話していたことです。表面はクールでも、やっぱり心の中は熱いんだなと思いました。

それはあって当たり前だとは思っていますし。いつまでたっても、下を向いてやってる選手は僕はあんまり好きではないので。

うまくいかないときは何をしても、うまくいかないときも もちろんありますけど。それでも自分が成長するためには必要なことだなと思っていますし。

そういう前向きにというかね。ポジティブに捉えてもいいとは思っていますし。

 

スタッフの「サッカーの神様はいると思いますか?」という質問に対しての回答です

いろんな事にチャレンジして、いろんな苦しみを味わって、自分がもうこれ以上努力できないっていうくらいまで努力したら、もしかしたら付いてきてくれるのかなとは思っているので。

いると信じたいですし、味方してくれるまで、努力したいなとは思いますけどね。

やっぱり、飄々としながらも、努力は人一倍しているんですよね。

 

33歳という年齢に関してのコメント。

僕自身はもっとやれるというか、やらなきゃいけないとも思ってますし。年齢関係なく、まだ成長できるとは思って日々やっているので、限界っていうのも作りたくないですしね。

サッカーで、もうこれ以上いけないっていうところまでいきたいなと思ってるんでね。

僕も36歳ですが、ちょっと勇気をもらえる言葉でした。

 

プロフェッショナルとは、

ものすごい影響を与えれる人が、真のプロフェッショナルだとは思いますし。サッカーしてて僕ですらイチローさんのようになりたいとか思うんでね。やっぱりその領域まで行きたいなとは思ってますけどね。

毎回、恒例になっている、番組の最後に聞く質問の回答。「影響を与えられる人」というのは、納得しました。どの世界・業界でも、尊敬できる人っていうのは、周りに影響を与えている人ですね。

 

★★★

遠藤保仁(2014年1月27日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

がんばらなくていいんだよ

がんばらなくていいんだよ

 

 

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

 

  

フットボールサミット 第6回 この男、天才につき。遠藤保仁のサッカー世界を読み解く

フットボールサミット 第6回 この男、天才につき。遠藤保仁のサッカー世界を読み解く

  • 作者: 西部謙司,田村修一,高村美砂,千田善,下薗昌記,清水英斗,竹田聡一郎,木崎伸也,北健一郎,速水健朗,木村元彦,佐山一郎,松本育夫,『フットボールサミット』議会
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2012/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

おまけ「今日のコンビニ」

f:id:eitaro0501:20140207143607j:plain

遠藤選手が「ガチャピン」に似ていると言われているので、ファミリーマートで期間限定にて販売中の『ガチャピンまん(180円)』を購入しました。このブログ記事に写真を載せたいために…。チンジャオロース風で美味しかったです。