読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

カンブリア宮殿、生産者直売のれん会。成功は失敗の数に比例する

f:id:eitaro0501:20131225223641j:plain

12月5日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』。ゲストは、“1坪店舗”でうまいものを売りまくる!地方の逸品を発掘する“食の伝道師”「生産者直売のれん会」社長の黒川 健太(くろかわ・けんた)氏。

 

成功と失敗の話が、心に響くものでした。

 

生産者直売のれん会 社長 黒川 健太(くろかわ・けんた) 氏|カンブリア宮殿:テレビ東京

 

大きなリスクをとらないことが大事

生い立ちは昔の行商と一緒だと思うんですね。まぁ、わたしたち、所詮、まだ新しい会社で、資金もありませんし、このやり方が投資も低いですし、リスクも低くて理にかなってると思うんですけど。

 

じゃあ、これでいつか自分たちのお店を、建物を建てたいかというと、あんまりそういうことも考えてなくてですね、このまま、どんどん広げていきたいなと。

 

このやり方の方が、お客様がいるところに自分たちで出向いていった方が物は売りやすいんじゃないかというふうに思いますね。来てもらう店をつくるよりも。

私は以前、ある商材の実店舗を構えることを考えていましたが、リスクが高いことがわかって、やめることにしました。店舗を構えるリスクというのをある程度、わかっているつもりです。

 

まず、店舗を構えるのに多額の費用が必要になります。マイナスからのスタートで、出店費用を回収するだけでも大変です。店舗を構えたら、簡単に場所を変えることはできません。出店場所に失敗は許されないのです。

 

そして、店舗の存在を知ってもらい、足を運んでもらう必要があります。今は、ネット通販が拡大しているので、足を運んでもらうハードルは高くなっています。

 

大きなリスクをとらずに、小さな商売を少しずつ大きくしていくやり方は、今の時代にすごくマッチしていると感じました。

 

人よりいっぱい失敗しないと成功できない

小さな失敗を山ほどやってますね。大きな失敗をやる体力はないです。結局、成功って、失敗の数に比例すると信じているんですね。よほどの天才じゃない限り、成功確率は事業の世界、あまり変わらないんじゃないかと思ってまして。

 

我々、決して天才じゃないとするならば、人よりいっぱい失敗しないと成功できない。ただ、大きな失敗をしちゃうと致命傷になってしまいますので。小さな失敗を、もう、非常にモチベーション高く繰り返す。

 

小さな失敗は、毎日、たくさんしてます。失敗しかほとんどしてないんですけど。

これはグサッと刺さりました。現在、私は、個人事業主として、Webサイトやブログ運営で収入を得ています。成功の確率というのは高くありません。

 

例えば、ブログであれば、良い記事だけを書くというのは不可能です。多くの記事を書いて、そのうちの何%かが、ヒットすれば御の字です。

 

つまり、多くの記事を書いただけ、成功の数・可能性というのが高まっていくのです。自分のやっていることと重ね合わせることができて、すごく励まされる話でした。

 

★★★

もし、見逃してしまった方、興味を持った方は『テレビ東京ビジネスオンデマンド』で視聴することができます。月額固定 525円(税込)でテレビ東京の経済番組をネット動画で見ることが可能です。

 

現在、初月無料キャンペーン中につき、登録初月は無料となっています。