読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

犬には癒し効果がある!愛犬タローとの暮らし

今週の一枚「いきものの写真」

f:id:eitaro0501:20140115210129j:plain

玄関をノックする愛犬タローです。17歳と高齢なので、普段は玄関の中に入れるようにしています。外に出すと、中に入りたいときに「コツ・コツ」とノックします。

 

一緒に住んでから、愛しくなるまで 

f:id:eitaro0501:20140115210723j:plain

今年の5月から、嫁の実家で暮らすことになりました。そのため、タローとは9ヶ月しか一緒に暮らしていません。

僕の実家では犬は飼っていなかったので、接し方がわからず、3ヶ月くらいは自分から積極的に触ることもできませんでした。

但し、できる限り、自分の匂いを嗅がせるようにして、一緒に住んでいる人間として認識させるように努めました。

 

毎日、顔を合わせていると、自然と愛情が湧いてくるもので、少しずつ、スキンシップをとるようになりました。

3ヶ月くらいして、思い切って、散歩に連れて行くことにしたのです。毎日、一緒に歩いているうちに、だんだん愛しく感じるようになってきました。

 

タローに癒される

f:id:eitaro0501:20140115210755j:plain

接していくうちに、タローのことをもっと知りたくなって、図書館で犬の本を借りて、勉強してみました。

本に「犬には癒しの効果がある」と書いてあって、納得しました。気付いたら、タローに話しかけるようになっていたのです。これは自分の中で、驚きの変化でした。

 

それまで、犬に話しかけている人の気持ちが、いまいちわかりませんでした。「言葉がわからないのに、何で話しかけるんだろう」くらいに思っていたのです。

その頃には、タローは自分のことを確実に認識していて、何を求めているのか何となくわかるようになっていました。気持ちのコミュニケーションが取れると、自然と話しかけるようになるのでしょう。

 

会社勤めを辞めて休養していたので、家族以外の人と話す機会が少なくなっていました。そんな中、貴重な話し相手となって、タローに癒やされていたのです。

 

いろいろと遊んでみたり、しつけたりしてみる

f:id:eitaro0501:20140115210743j:plain

それから、自分なりに考えて、タローとの遊び方を考えました。これは、キャッチボールをしているところです。ボールを転がすと鼻でつついて、返してくれます。

 

他の犬の10倍くらい、散歩しているときに匂いを嗅ぐので、それを改善させようと思ったのですが、駄目でした。17歳からのしつけはさすがに難しいですね…。

 

年齢の割には元気で、食欲もエサを上げようとすると、がっついてくるくらい旺盛です。とにかく、長生きしてほしいと思っています。

 

★★★

最近、ちょっとショックだったのが、散歩をしているときに、小学生の女の子がタローを見て、「オオカミみたい」と言われました。こんなにカワイイのに…。祖先はオオカミだから、間違ってはいないんですけどね(笑)。