読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

ブログに何を書くか?その記事を書く目的は?

f:id:eitaro0501:20140101203315j:plain

あけましておめでとうございます。

ブログを本格的に書き始めて1ヵ月が経ちました。この辺で一度「自分がどういった記事を書きたいか」「記事を書く目的」を整理してみたいと思います。

 

自分が良いと思ったものを紹介する

f:id:eitaro0501:20140101213646j:plain

読んでみて面白かった本、買って良かった商品、面白かったテレビ番組・映画など、自分が良いと思ったものを紹介したいと思います。

自分が良いと思ったものを伝えたい・広めたい。紹介したものを知っている人・関係者の人に、自分の感想を伝えたいというのが目的です。

 

別のブログで、落語家が重大ニュースの裏側を語る番組の感想記事を書いたら、番組のプロデューサーさんがツイッターで僕の記事を紹介してくれました。

視聴者がネットを通じて、テレビ番組のプロデューサーに自分の感想を伝えることができる時代なんだなと、ちょっと感動してしまいました。

 

上記は一つの例ですが、ネット上で情報を発信して、自分のメッセージを伝えたい人に届けることができる。これはブログの醍醐味ではないかと思います。

今さら言うことではないですが、ネットがあるから、実現できることがある。これを有効的に活用したい。そのためにブログを書いているような気がします。

 

自分が体験したことを書く

f:id:eitaro0501:20140101213620j:plain

自分の体験談・レビュー記事を書いて、そのことについて知りたい人に伝えたいです。そして、ちょっとお役に立てればと考えています。これはネットが果たす重要な役割と言ってもよいのではないでしょうか。

注意点としては、ネガティブな結末にならないこと。何事にも長所・短所があります。短所をしっかりと伝える必要はありますが、長所の部分にスポットを当てたいと考えています。

 

写真はできるだけ自分で撮ったものを使う

f:id:eitaro0501:20140101221130j:plain

フリー素材のサイトの写真画像を利用すると、他の人の記事と被ってしまう可能性があります。

自分で撮った写真を使うだけでオリジナリティが出るのではないでしょうか。多くのブログを見てきましたが、写真画像が軽視されているように感じました。写真で文章を補うこともできるし、写真だけでメッセージを伝えることもできます。

写真をうまく活用することができれば、無数にあるブログの中で、一歩前に出ることができるんじゃないかと思っています。

 

★★★

今回の記事に関しては、今日、撮った写真を使ってみました。ただ、記事の内容とは関係ありません…。