読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

僕の育った醤油の街「千葉県野田市」にハンパない食堂がある!

今週のお題「僕の住む街・私の地元」

f:id:eitaro0501:20140123220732j:plain

今は埼玉県在住ですが、僕の生まれ育った街は「千葉県野田市」です。醤油の街として知られ、東武野田線の野田市駅を降りると「もろみ」の香りが漂ってきます。

この街には、市外・県外から多くの人が訪れる場所がいくつかありますが、その中の一つである『やよい食堂』というハンパない食堂を紹介します。

 

やよい食堂とは? 

f:id:eitaro0501:20140123220803j:plain

外見は、写真の通り、知らない店だったら入るのにちょっと勇気がいる感じです。

……が、「食べログ話題のお店」シールが貼ってあります。

 

f:id:eitaro0501:20140123220818j:plain

入ってみると、芸能人のサインがズラッと並んでいます。

 

f:id:eitaro0501:20140123220836j:plain

まいうーサイン(ホンジャマカ石塚さん)も飾ってあります。

 

f:id:eitaro0501:20140123220852j:plain

宝石箱や~サイン(彦摩呂さん)も飾ってあります。

 

f:id:eitaro0501:20140123220945j:plain

メニュー表の写真です。おばちゃんの吹き出しには「残さず食べてね(ハート)」と書かれています。メニューは結構、豊富です。一部、紹介しますと、

ハンバーグ定食(580円)
野菜炒め定食(580円)
ひなどりから揚げ定食(700円)
ラーメン(480円)
天丼(750円)
かつ丼(580円)
カレーライス並(530円)
カツカレー並(850円)
オムライス並(580円)
チャーハン並(550円)

といった感じです。比較的リーズナブルではないでしょうか。

 

僕は、かつ丼の並(580円)を注文しました。

 

 

 

…で、出てきたのがこちら。

 

f:id:eitaro0501:20140123220914j:plain

すごい…。「ドカン」って音が聞こえてくるようなインパクトです。

蓋をしているというより、かつ丼の上に蓋が乗っかっている感じです玉ねぎが溢れ出ちゃってます。

 

 

f:id:eitaro0501:20140123220927j:plain

蓋をあけると、かつと玉ねぎが山盛りになっています。ちなみにこれは、「並盛(580円)」です。「大(630円)」を注文したら、どうなるんでしょうか…。

量としては、具は普通のかつ丼の3倍くらいごはんは普通のお茶碗3~4杯分くらい入っているでしょうか。

 

見た目に圧倒されながらも、黙々と食べることに。半分くらい食べたところで苦しくなってなってきましたが、メニュー表に…

f:id:eitaro0501:20140123220945j:plain

おばちゃんが「残さず食べてね(ハート)」とプレッシャーをかけているので、残さずに食べないといけない気持ちになります。

 

……が、絶対食べきれないと思って、心の中でギブアップ宣言。3分の2くらいは食べました。

 

僕のように残してしまう人が多そうなので、もったいないと思う人もいるでしょう。この店の素晴らしいところが、残り物を持ち帰りできるのです!

タッパーを持参すれば、10円払うと持ち帰ることができるのです。この日はタッパーを持って行かなかったので、そのまま残しました。

 

ちなみに味は決して悪くありません。普通に美味しく食べられるレベルの味です。

 

ちょっとだけ野田市の魅力を紹介

f:id:eitaro0501:20140123221012j:plain

千葉県北西部の端、埼玉県と茨城県が隣接している野田市。野田といえば、なんといっても醤油の街。みなさんご存じ『キッコーマン』の本社がココにあります!

 

f:id:eitaro0501:20140123223702j:plain

もう一つ、有名なのが『清水公園』。日本さくら名所100選にも選定されています。ちなみに、右下に後頭部だけ写っているのが僕です。

水上アスレチックコースというのがあって、よくテレビで取り上げられています。東京の小学生は、遠足でココにくることも多いようです。

 

野田市のグルメ

f:id:eitaro0501:20140124103056j:plain

最後に、野田市でおすすめのグルメスポットをご紹介します。

 

コメ・スタ 野田市店 (comesta) - 野田市/イタリアン [食べログ]

イタリア料理のお店。もろみを使った「野田市のパスタ」がオススメ。バンビ~ノ!(ビッグコミックス) というイタリア料理マンガの作者が執筆にあたって、下働きをしたお店としても有名です。

 

フラココ (furacoco ) - 愛宕/カフェ [食べログ]

雑誌でもチョコチョコ紹介されている、古民家カフェです。昭和レトロな雰囲気があって、とても落ち着きます。カフェ好きな方にはオススメです。

 

やよい食堂 - 野田市/定食・食堂 [食べログ]

上記で紹介したお店です。テレビでもチョコチョコ紹介されていて、メガ盛りの聖地と呼ばれています。大食いの人、好奇心旺盛な人は是非、足を運んでみてください。

 

★★★

野田市の演歌です。ちょいちょい野田の地名が出てくるのが嬉しいです。


演歌歌手・三田翔也・野田みれん(千葉県野田市) - YouTube