読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいたろうのウェブログ

えいたろうが体験したことを記録する、良いと思ったものを紹介するブログです。

刑務所慰問を行う芸人から学ぶ、距離を縮める方法とは?

刑務所・少年院の慰問を累計千回以上、多い時にはひと月に九か所も回っている落語家、桂才賀(かつらさいが)師匠の本を読みました。 刑務所通いはやめられねぇ―笑わせて、泣かせる落語家慰問 受刑者を相手に笑いを取れた理由が印象に残りました。ポイントは…

社会貢献とビジネスを両立させている「パン・アキモト」のパンの缶詰

2014年2月6日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』。ゲストは、3年経っても美味しいパンの缶詰を作った「パン・アキモト」社長の秋元義彦さん。社会貢献とビジネスを両立させている点が、非常に興味深いものでした。

独立開業するのをやめたけど、個人事業主になった話

昨年の今頃、僕はある商材の実店舗での開業を考えていました。しかし、情報収集した結果、やめることにしました。 「なぜ、やめることにしたのか?」…独立開業を考えている人、特に実店舗の運営を考えている人に伝えたいと思っています。

ライバルは自分、ライバルは見本になって助けてくれる

2014年1月24日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』。ゲストは洋菓子店『アンテノール』を運営するエーデルワイスの会長、比屋根 毅(ひやね・つよし)さん。 エーデルワイスを独立して、兵庫県西宮市で『ツマガリ』という店舗を運営している津曲さんが「ライ…

カンブリア宮殿に出演、日本酒「獺祭」の社長が書いた本『逆境経営』

先日のカンブリア宮殿に出演した、日本酒「獺祭」で有名な旭酒造の社長、桜井博志氏が書いた本を読みました。タイトルこそ『逆境経営』ですが、社長の温和な人間性が伝わってくる、読んでいて心地の良い本でした。 逆境経営―――山奥の地酒「獺祭」を世界に届…

カンブリア宮殿、常識破りのやり方で造られた日本酒『獺祭』

2014年1月16日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』。ゲストは旭酒造の社長、桜井 博志氏。獺祭(だっさい)という日本酒が売れているらしいです。 倒産寸前の会社を立て直したということですが、多くのチャレンジを積み重ねてきた人だけあって、惹きつけられ…

カンブリア宮殿、生産者直売のれん会。成功は失敗の数に比例する

12月5日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』。ゲストは、“1坪店舗”でうまいものを売りまくる!地方の逸品を発掘する“食の伝道師”「生産者直売のれん会」社長の黒川 健太(くろかわ・けんた)氏。 成功と失敗の話が、心に響くものでした。 生産者直売のれん会…